メタボリック症候群の基準値に異変!

★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★ 「メタボリック症候群」という言葉が流行りだして何年か経ちますが、
その規定が、実は一昨年(2010)の二月に異変が起きました★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
それまでの腹囲基準は、
男性85㎝以上、
女性は90㎝以上で
メタボリック症候群の危険性があると言われていたのですが、
元々この基準値には、
医療関係者などより、
以前から多くの疑問が投げ掛けられていて、
骨格や筋肉量が多くて、しかも身体の大きな男性が、
身体の小さな女性より腹囲基準が少ないのはおかしいとの批判がありました★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
その後、2010年に入り、
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の適正な診断基準を検証していた厚労省メタボ研究班は、
2010年2月9日、(約二年前)
現行の診断必須項目の腹囲の数値によって、
心筋梗塞や脳梗塞発症の危険性を明確に判断する事はできないという、
大規模調査(国内三万人超)の結果を発表しました★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
その発表はそれまでの腹囲基準、
男性85センチ以上
女性90センチ以上の
メタボリック症候群の根拠を覆すもので、
診断基準の見直しは必至というところでしょう★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
現在の診断基準は腹囲に加え、(前述)
1高血糖値(糖尿病)、
2高脂血症、
3高血圧、
の三項目のうち、二つ以上で異常があった場合、
メタボと診断され保健指導の対象になるというものです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
しかし約二年前までは、
他の先進国に比べ男性の腹囲基準は厳しすぎる、
また女性の基準は逆に甘いと批判されていました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★因みにWHO(世界保健機関)が発表しているアジア人の腹囲基準は、
男性90センチ以上、
女性80センチ以上が
有病率が高くなると紹介されています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i