糖質(炭水化物)は太りやすいと言われる訳!

太った人を観察すると、
食べる量が多いこともさることながら、
太りやすいものを口にする機会が多いこともしばしば見受けられます。
 油を使った料理や肉料理、
アルコール、
そして甘いものは体内で中性脂肪に変わり、
体脂肪として蓄えられやすいのです。
特に脂肪は1g 9kcal
純アルコールは1g7kcalもありますから、
摂りすぎには十分気をつけなければなりません。
お菓子は、高エネルギーの割に大切な三大栄養素をほとんど含まないので
「エンプティ?(からっぽ)食品」
と言われます。
果物は一般にビタミンCが豊富ですが案外高エネルギーです。
また、甘味の元の果糖は吸収されやすいので、摂りすぎは肥満の元と考えましょう
ご飯は、適量なら腹持ちがよく、
糖質以外の栄養素や食物繊維も含んでおり、
決して太りやすい食品ではありません
(糖質の持つエネルギーは1g4kcal)
ただ、日本人の場合、
特に男性は、おかずの味付けが濃いと、
ご飯の量を食べ過ぎてしまうという欠点があります。
どんぶりご飯を何杯でもという食べ方をしていたら、
総摂取カロリーがどんどん増えていきますので、
当然肥満の元となります
炭水化物抜きダイエットなどは、
この辺の間違いに由来しているのです
S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif