軽度の肥満対策!

★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★WHO(世界保健機関)ではアジア人のBMI23~25未満の場合、
この段階は肥満とは言えないものの多少のオーバーウェイト(過体重)と考えられています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
しかし、生活習慣病(糖尿病や高血圧・高脂血症など)の合併症がなければ、
原則的に減量の必要はなく、
現在の体重より太らないように注意すればよいことになります★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
ですから合併症が認められない場合には、
本格的な食事療法をする必要はなく、
1運動療法と
2行動修正療法を主体に肥満の予防に努める事を薦めます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
しかし、BMI値は大したことがなくても、
血液検査の結果、
肝機能にちょっとした合併症がある場合には、★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif
数値を下げるために数キログラムでも体重を落としたほうがよいかどうか、
主治医と相談することが必要です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif
そして主治医の指示に従って、
必要であれば本格的な食事療法を開始します★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
ただ大抵のお医者さんは、
詳しい人もたまにはいますが、
殆んどの人はダイエットについての詳しい知識をあまり持っていません。
ですから、
まず正しいダイエットの知識や理論を教えてくれる機関を探すことが大切です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
合併症の状態によっては、
あまり激しい運動療法は行えない場合もありますので、
★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★ 勝手に激しい運動を始めたりしないで、
主治医とよく相談して慎重に対処することが大切です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif