ホントに恐い摂食障害!

★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★ 食事量が極端に少ないのが拒食症、
食事やその他でも多量の食べものを食べ過ぎるのが過食症といわれますが、
両者はそれぞれ吐いたり下剤を使ったりする行動もみられます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif
また、両者は共に「異常なまでの痩せ願望」、
あるいは「肥満恐怖」が共通してみられ、
病気の質が違うだけで、同一疾患と考えられています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
これらを総称して「摂食障害」といいます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
最近では、思春期に発症する極めてありふれた疾患となっています。
日本での患者数の推計値は、
10万人当たり、
1980年には1.8人の統計でしたが、
1998年には18.5人と、約20年で10倍と急増しています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0921.gif
しかし、その後の統計がはっきりしません。
(インターネットなどで調べてもはっきり出ていないのですショック!)
ですから、1998年の統計を基準にして話を続けますが、
10万人当たり約20人ということは、
日本人約一億人で2万人もいる計算になります★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
(実際は年配者や男性を除くともっと少なくなると思いますが…)
拒食症の死亡率は、
日本も欧米諸国と同様の、5%から20%、
または6%~15%ともいわれます。
(平均値死亡率7%とも9%ともいわれています)★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
はっきりしないのは、
確かに摂食障害ではあるけれども、
入院する必要があるかないかを決めるのは、
この場合、本人の自由意志であり、
入院しなかった人の分までは統計が取りづらいからです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
男女比率では1:20と圧倒的に女性が多くなっています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif
摂食障害になった場合の
全快治癒率47%、
部分回復10%、
そのまま36%、
死亡率7%などという統計もあります。
死因では
◎衰弱死、
◎低カリウム血症による心臓停止、
◎感染症による合併症などがあり、
自殺や事故は含めないので、
実際はもっと高率になるとも言われています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
インターネットによると、
昨年度では摂食障害で入院した人のうち、683人が死亡したとの統計が出ていました★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
この摂食障害は、
★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★1全て「異常なまでの痩せ願望」や、
2「肥満に対する異常なまでの恐怖心」
から起こってくることが多いのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
間違いだらけのダイエットは、もう止めにしませんか!?
健康のためのダイエットなら、正しいダイエットを選択したいものです。
S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif