交感神経と副交感神経の働き!

自律神経は、
交感神経と副交感神経に二分されます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
主に交感神経は昼間働き、
エネルギー消費を活発にします★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0427.gif★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★
夜になると副交感神経が活発になり、
消費エネルギーを抑制するとともに身体の修復を行います★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0453.gif★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★
同時に生体リズムを刻むタンパク質「BMALー1」が、
細胞内への脂肪の蓄積に密接に関係していることが、
日本大学薬学部の榛葉繁紀(しんばしげき)教授(薬学博士)らの研究で分かっています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
このタンパク質は「BMALー1」と呼ばれ、
昼間は体内でほとんど作られず、
深夜になると増えるというのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
これにより、
「夜遅くの食事を避ければ肥満予防に繋がるのではないか★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif
ということが分子レベルで解明されようとしています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
また体内の「BMALー1」の量は、
一日のうち午後10時から午前2時ごろが最高で、
最も少ない午後3時ごろに比べ、
約15~20倍に達するとの研究結果が発表されています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
(2005年9月11日朝日新聞朝刊他)
★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★
人間の身体はまだ未知の部分が多く、
ダイエットについて100%解明されている訳ではありませんが、
夜、食べてすぐ寝ると太ることは、
すでに実証されていることであり、
それはこのタンパク質「BMALー1」のせいで、
吸収率が高くなるのであろうとの説が、
今のダイエット学では最有力になっています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif