若年女性の行き過ぎた痩せ願望に警鐘!

半年前のヤフーサイエンスで、
日本成人病(生活習慣病)学会の学術集会が1月15日、16日の両日、東京都内で開かれた。
この中で、筑波大大学院の曽根博仁教授(内分泌代謝・糖尿病内科)が、
日本の若年女性の「痩せ」傾向について講演。
過度の痩せが本人の健康障害に加え、
低出産体重児の増加にも関連している事を強調し、
★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★ 「若い女性の痩せすぎは、肥満と同様、国民の健康に対する脅威となりつつある」と警鐘を鳴らした。(医療介護CBニュース)
と載っていました。
若い女性の「行き過ぎた痩せ願望」については、
何回も何回もダイエットアカデミー協会として警鐘を鳴らして来ました。
痩せるということは、
1飢餓状態の継続、
2または臓器の故障の、
いづれかの場合が多く、
例えて言えば、
置き換え系ダイエットなどは、
食事をきちんと摂らない訳ですから飢餓状態の継続に入りますし、★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0921.gif
薬剤系ダイエットなどは、
下痢をさせたり、食欲を低下させたりする訳ですから、
大きくいえば臓器の故障の部類に入ります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0921.gif
いづれにせよ、
★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★基礎代謝カロリーを割るようなダイエットは、★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif
新陳代謝(細胞の生まれ替わり)の面から考えてみても、
身体全体が未熟細胞の集合体になり得る可能性も考えられます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

正しいダイエットを学びたい方は「ダイエットマスター資格講座」資料請求をお待ちしています。
S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif