ダイエットへの近道は自分の体組成を知ること!

痩せたい気持ちがあるのなら、
まず何をしなくてはいけないのか
真っ先にしなくてはならない事は、
 1ダイエットに対して最低限の知識を得ること
次にしなくてはならない事は、
2痩せたい自分の体組成を徹底的に調べる事です
体組成とは、
1基礎代謝量、
2体脂肪率、
3内臓脂肪量、
4皮下脂肪量、
5骨量、
6血液を含めた水分量、
7筋肉量などです。
そして、どういう生活習慣から肥満が始まったのかをご自分が自覚しなくてはなりません。
その上でダイエットの基礎知識を学び、
何ヵ月で何キログラム痩せたいのか明確な目標を設定します
体組成が分かれば、
一ヶ月で何キログラムまでなら無理なく健康的に痩せられるのか、
基礎代謝量と一日の生活エネルギーにより計算出来ます。
基礎代謝量から一日の生活エネルギーを計算し、
それを合計して、
一日の消費エネルギーを割り出せばいいのです
例えば、
基礎代謝1200kcal、
生活エネルギー800kcalの女性なら、
一日の消費エネルギーは、2000kcalになります。
そうすると、
一日何kcal減らしたら、
一ヶ月30日として、
合計何kcalのエネルギーが減らせるのか、
そしてそれは体脂肪何キログラムに相当するのか
それを計算します
また、肥満度1(BMI25~30)の人が、
一日1000kcalのエネルギーを減じた場合、
一ヶ月で30000kcalのマイナスを作れます。
そうすると、
30000kcal÷7200kcal(体脂肪1kcalのエネルギー)=4.16になりますので、
およそ4.1キログラムは体重を落とせる計算になります
いづれにしましても、
ダイエットに一番関連する重要項目は基礎代謝量です
何故なら、
それ以下での摂取カロリーでは、
健康的なダイエットとは言えないからです。
もし、基礎代謝量にも及ばないような摂取カロリーで、
何ヵ月も生活をしたら、
人体の新陳代謝そのものに重大なマイナスを及ぼします。
抜け毛、切れ毛、吹き出物、肌の荒れ、倦怠感、無気力などはその典型例と言われています。
話はちょっと飛躍してしまいましたが、
ダイエットの近道は、
1基礎代謝量での食事制限を行い、
2ウォーキングや水泳などの有酸素運動や、基礎代謝を上げるための筋力強化運動も定期的に実行し、
3痩せた時の自分を想像しモチベーションを高める
これしかありません。
但し痩せた分、
基礎代謝量は毎月違って来ますので、
食事制限の量もまた違ってくるという訳です。

S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif