厚労省メタボ研究班の発表!

★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★ メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の
適正な診断基準を検証していた、
厚労省メタボ研究班は
2010年2月9日、(約一年前)
診断の必須項目の腹囲の数値によって、
心筋梗塞や脳梗塞の発症の危険性を明確に判断することは出来ないという大規模調査(国内三万人超)の結果をまとめた★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
それまでの腹囲基準(男性85センチ以上、女性90センチ以上)の
科学的根拠を覆すもので、
診断基準の見直しに影響しそうだ。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
現在の診断基準は、
腹囲に加え、血糖値、高脂血症、血圧の三項目のうち、
二つ以上で異常があった場合、
メタボと診断され、
保健指導の対象となる。
しかし他の先進国に比べ、
男性の腹囲基準は厳しすぎる、
女性の基準は逆に甘いと批判されていた。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
という記事がインターネットで発表されていましたが、
現在までの腹囲基準は、
上記の理由から多くの医学関係者などから見直しを迫られていた事でした。
WHO(世界保健機関)が発表している
アジア人の腹囲基準は、
男性90センチ、
女性80センチ以上が
有病率が高くなるとなっています。
★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★ですから今回の発表で、
今までの男性85センチ以上、
女性90センチ以上といわれていたメタボ基準が、
いかにアバウトな数字であったか、よく理解出来たと思います。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif