WHO(世界保健機関)でのアジア人対応!

★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★僕は何かというとWHO(世界保健機関)での基準を参考にしますが、
それは日本に於ける肥満判定に納得がいかない面が多かったからです。
メタボ健診に於ける腹囲基準にしても、
男性85cm、
女性90cmなどと、
どうしても納得しかねる数字が示されたからです。
「WHO西太平洋地域事務所」から発表されている、
「肥満に対する治療法選択のためのガイドライン-アジア人用」では、
BMI25以上を肥満と判定する事で合意されていますが、
アジア人の場合BMI23を越えるあたりから有病率が上昇するため、
アジア人ではBMI23以上をoverweight(過体重)と判定することが望ましいとの提案がなされています。
また、この発表でアジア人では、
男性で腹囲が90cm、
女性で80cmを越えると有病率が高くなる事が確認されました★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
しかるに日本では、メタボ健診の基準として、
つい最近2010年2月まで、
男性85cm、
女性90cmを基準としていたのです。ガーン
ようやく厚労省のメタボ研究班が、
三万人もの大規模調査の結果、
★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★ 『男性85cm、女性90cmは何ら科学的根拠なし、線引きは困難』との見解を発表しました★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
(2010年2月9日、同日各誌)

S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif