2010年2月、腹囲基準値の変更!

内臓脂肪型肥満かどうかを見分ける簡単な方法は、お臍の位置での腹囲測定です。
日本人の場合、昨年まで、
男性では85cm、
女性では90cmを超えると
内臓脂肪型肥満である可能性が高いと言われていました。
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★しかし、★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif
身体の大きな男性が、女性より数字が低いのはおかしいし、
世界で女性の数字が男性を上回るのは日本だけだとの意見や批判が、
医師や肥満関連団体から続出し、★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif
ついに今年2010年2月9日、
厚労省メタボ研究班は、
旧来の男性85cm、
女性90cmとした基準値は、
何ら科学的、医学的根拠を満たさず、それだけで内臓脂肪型肥満と決めつけるのは無理があると公の見解を発表しました
しかし、新基準となる数値は発表されませんでした。
因みにWHO(世界保健機関)による、
日本人をも含めたアジア人の腹囲基準は、
男性90cm、
女性80cmであることを申し添えておきます。
いづれにせよ、男女とも腹囲が90cmを超えるような場合は、CT検査により内臓脂肪の確定診断を受けることをおすすめします。
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★ お臍の位置での腹部CT検査で内臓脂肪の面積が100平方cmを超えると内臓脂肪型肥満と診断されます。
また、内臓脂肪は比較的簡単に落とせるため、
銀行預金に例えて普通預金、
皮下脂肪はなかなか落とせないので定期預金と呼ばれることがあります。

S.fuk ★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★