太る鼠と痩せるホルモン「レプチン」!

親や兄弟など血縁に太っている人がいると、
「自分の肥満は遺伝だから仕方ない」
「痩せようとしても無駄」という人が少なくありません。
確かに肥満には遺伝の影響が少なからずあるのかも知れません。
しかし食事を減らしても体重が減りにくい人がいる一方で、
たくさん食べても太りにくい人もいます。
両親が太っている場合には、
その子供の八割が太っているという調査もあります。
母親だけが太っている場合には約六割、
父親だけが太っている場合は約四割の確率で、
その子供も太っているといいます。
最近は肥満の原因について分子生物学の研究が進んでいます。
1994年には、米国でob/obマウスという、
異常に太るネズミから肥満関連遺伝子の第一号であるob遺伝子が発見されました。
そしてこの遺伝子によって、
白色脂肪細胞から「レプチン」という痩せるホルモンが分泌される事が明らかになりました。
ob/obマウスは、ob遺伝子に異常があるため、
いくら食べても正常な構造のレプチンが分泌されないのです。
そのため、どんどん食べ続けて極端に太ってしまいます。
ところが、このマウスにレプチンを注射すると体重が減る事が分かりました。

S.fuk