母親と肥満児!

貴女のお子様は太り過ぎていませんか?
最近、小学生などの肥満で悩んでいる親御さんをよく見掛けます。
近頃の子供達は、昔に比べて外で遊ぶ機会に恵まれていません。
すぐゲームソフトなどに嵌まってしまい、
身体を動かす機会が極端に減っているようです。
ただでさえ運動不足の上に、ファーストフードやアイスクリーム、又、ケーキなど、
一番肥満に繋がりやすい高カロリーの食品を毎日与え続けていませんか?
育ち盛りの子供が、そんな食生活や運動不足を続けていたらアッという間に太ってしまい、
子供にまで肥満児という要らぬコンプレックスまで背負わせてしまうことになるのです。
同じアジア人として、お隣の韓国では 、10歳児の肥満がなんと21.7%を数え、国として児童の肥満撲滅に乗り出しました。
また中国でも 18歳未満の児童肥満率が10%を越え、焦りを感じているようです。
そうならない為にも、 まず、母親がダイエットの基礎知識を学ぶべきであるとダイエットアカデミーでは考えています。
ほとんどの母親のダイエット知識は、テレビや週刊誌などの受け売りに過ぎず、
ダイエットの基礎知識などは分かっておりません。
基礎代謝とは、
又、生活エネルギーとは、
一日の消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスは
そして新陳代謝とは、
BMIとは、
交感神経と副交感神経の違いは、
貴女の理想体重は、
などという質問をしたらほとんど答えられないと思います。
事実、僕の所に来るお母様方は殆ど答えられません。
それくらいダイエットの知識については知られていないのです。
そこで、まず母親である貴女にダイエットの資格を取得して欲しいと思います。
そうすれば、もちろんお子様にも尊敬される母親であり、
ご主人にも信頼される奥様になれることは間違いありません。
家族の健康はお母さん
貴女が守ってください。
S.fuk