肥満とアルコール!

アルコールはたんぱく質や糖質よりも高エネルギーで、純アルコール1gで7kcalものエネルギーがあります。
風呂上がりやスポーツのあとの一杯は、お水かお茶にしておいたほうが無難でしょう。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0930.gif
アルコールを飲む人では、一日のエネルギー量の大半を夜の飲酒とおつまみで摂り、肥満を助長している例も少なくありません。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★ エネルギーの摂り過ぎを少しでも防ぐには、アルコールを飲んだらご飯などの量を減らすようにします。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
しかし、食事を減らしてもアルコールをたくさん飲むというのはいけません。
アルコールは、エネルギーの他にはほとんど栄養素を含まない「エンプティ-(空っぽ)飲料」です。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif
ビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養素を摂ることはほとんど出来ません。
アルコールと上手に付き合うには、何かを食べながら飲むのがよいのですが、太りやすい人にとって「高エネルギーのおつまみ+アルコール」は肥満の元凶です。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★アルコールは食欲を増進させる働きがあり、おつまみとアルコールの両方でエネルギーの摂りすぎになる事が多いからです。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★