単純糖質と複合糖質とは!?

★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★昨日に引き続き、今日も糖質の話です。
糖質の中でも複合糖質(ご飯、パン、麺類など)は消化に時間がかかるので、胃の中に長く留まり満腹感が持続します。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0930.gif
特に食物繊維をたくさん含んだ胚芽米、玄米、穀物類などは、腹持ちがよく、しかも食物繊維の作用で余分な脂肪や糖分の吸収を低く抑えることも期待出来ます。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★これに対して単純糖質はすぐ吸収され、速効性のエネルギー源にはなっても、胃の中に留まっている時間が短いため、食べても食べてもすぐにお腹が空いてしまうという大きな欠点があります。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
しかも、食事から吸収されたブドウ糖が血液の中に急激に増加すると、膵臓からインスリンというホルモンが必要以上にたくさん分泌されてしまいます。
インスリンは血液の中のブドウ糖を体の細胞へ運んでエネルギー源として利用させると同時に、白色脂肪細胞内での中性脂肪の合成を促進します。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
ですから、単純糖質を多く含む「甘いもの」ばかり食べていると、すぐにお腹が空いてしまうだけでなく、体内のホルモンバランスが太りやすい方向へ変化してしまう事になるのです。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★
こうなると、よく「私は水を飲んでも太る体質だ!」などと勝手に勘違いすることになります。
しかし、糖質自体は1グラム4キロcalしかエネルギーがなく、
脂質1グラム9キロcalや、
純アルコール1グラム7キロcalのエネルギーに比べると、カロリー自体は少ないのですが、
主食のため、つい食べ過ぎ、過剰摂取になりがちなのが大きな欠点です。
要するに過剰摂取さえ気をつければ、糖質とはダイエットにはなくてはならない栄養素と言えるでしょう★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★