完璧なダイエット食!

糖尿病治療食は、最近欧米を中心に、健康食、ダイエット食として再評価されている「おふくろの味」と呼ばれる、昭和30年代頃の日本の家庭料理にとてもよく似ています。
当時の食事の欠点は、塩分が多い事とカルシウムが足りないという二点しかない事はよく知られています
ですから、薄味の「おふくろの味」といわれる家庭料理を基本に、これに一日一回、乳製品からカルシウムを補給すれば、簡単に安全なダイエット食が完成し、しかもこれが健康食でもある訳です
ですから、今一度、日本古来の先人の知恵を、見直してみる事がとても重要だと言えるでしょう。
実はもう一つ、
隠れた日本一のダイエット食があるのです。
何回か紹介している塀の中のレシピです。
こちらは当協会の「プリズンダイエットレシピ」 をご覧下さい。
なにも、ダイエットに高額な金銭を費やす必要はありません。
そんなお金があるのなら、一生涯に通じる健康のための知識や理論を得ることに投資してみたら如何でしょうか。
小中学校、高校、大学に於いて、ダイエットの授業はありませんでしたしかし、人生を健康に生き抜くため、一度は何処かで正しいダイエットを学ぶ必要があります。
S.fuk