BMIだけでは判らない「かた太り と隠れ肥満」!

★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★いま、世界で一番使われている肥満判定用の物差しはBMI(ボディ・マス・インデックス)であり、その計算方法は、体重÷身長÷身長で計算されます。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
BMIから「太りすぎ」と判定された人の7~8割は体脂肪も多く、明らかな肥満体という場合がほとんどです。
しかし、残りの2~3割は骨格が大きかったり筋肉が多くて体重が重い、い わゆる「かた太り」という人達で、このようなケースは、プロ、アマを問わず、現役のスポーツマンによく見られます。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0930.gif
一方、BMIから「正常体重」とか「低体重」と判定された人の中にも、体脂肪率が高い、いわゆる「隠れ肥満」と呼ばれる人達が約1割前後発見されています。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★ 「隠れ肥満」は、やる必要のないダイエットに取り組み、失敗していたずらに体重の逆戻りを反復(ウエイトサイクリング)している若い女性★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gifや、
若い頃から細身で体重はさほど変わらないのに、お腹の周りにだけポッチャリと脂肪が付いてきた中年男性などによく見つかります。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif
もちろん注意すべき体型は、「隠れ肥満」に他なりません。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif
内臓脂肪型肥満は、ともすると生活習慣病を発症させやすく、糖尿病、高脂血症、高血圧、それに肥満が加わると「死の四重奏」と呼ばれ恐れられています。★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif