「つられ食い」は、無意識過食の典型例!

★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★ いつでも、どこでも食べ物が手に入る社会では、不要なものには手を出さないという自制心も必要です。
食べたい気持ちもないのに、食べ物や飲み物を見ると、つい、つられて手を出す。これは太りやすい人によくあるパターンです。
例えば、家族の誰かのために夜食を用意すると、自分は夕食を済ませているのに、つい、付き合っておかずや果物、デザートなどをつまむ事はありませんか自動販売機の前を通ると、ついビールや清涼飲料水を買ってしまう事はないでしょうか
出張中の列車の中で、隣の人につられて缶ビールを買ってしまう。喫茶店でメニューを見ると決まってケーキを注文してしまう。
こうした事は太りやすい人によくある食行動です。
こうした「つられ食い」は、ともすると無意識のうちにしてしまう事が多く、1日のエネルギー計算からも漏れがちになります。
気がつくと1000kcalも多く摂りすぎたという事もよくある話です。