怪しげな「タイ式ホスピタルダイエット」と称する痩せ薬!?

またまた間違いだらけのダイエットで健康被害が出ているようです★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★
ヤフートピックス国内版に10月9日、 厚労省は個人輸入をしないよう注意を呼び掛ける文書を関係機関に配布したと出ていました。
その対象は「タイ式ホスピタルダイエット」と称する痩せ薬。
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★その薬の服用で健康被害が多発しているというのです。
この薬剤は身長、体重に合わせて処方するダイエット薬との触れ込みで、インターネット上に多数の輸入代行業者があり、02年以降の被害は、死亡例2件を含む11件とのこと。
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★ 形態は複数の錠剤やカプセルがセットになっており、マジンドール他、鎮痛剤、抗うつ剤、向精神薬が検出されているらしい。
マジンドールとは、販売名を「サノレックス」といい、このブログでも何回か紹介した事がある「食欲抑制剤」です
サノレックスは日本に於いて唯一製造販売が承認されている肥満治療用の薬剤ですが、(BMI35以上の人に医師の監視下で服用させる肥満治療薬)薬の飲み合わせや、使用期間、副作用などに注意を払わねばならないむずかしい薬剤です。
専門医の処方なしで、まして、怪しげな「タイ式ホスピタルダイエット」などという触れ込みで使用すべき薬剤ではありません
肥満が進めば、薬剤系ダイエットに頼ることもあるかと思いますが、その場合は専門医に相談のうえ、きちんと対処すべきだと強調しておきます
いづれにしましても、副作用がなく、簡単に痩せられ、リバウンドもしない「夢の痩せ薬」は存在しません。