過激なダイエットの成れの果て!

★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★ 過激ななダイエットを続けていると、1ヶ月ほどで肌荒れや抜け毛といったトラブルが起こってきます。
2~3ヵ月もすると、貧血になって、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れ なども起こってきます。
この段階で医療機関を受診すれば治療によってかなり良くなるのですが、3~6ヵ月もすると、生理不順や、その他様々な機能不順になるケースが増えてきます。
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★ 当協会で主張している、新陳代謝の不順による未熟細胞の集合体に成りかかっている訳です。
こうなったら、何が何でも医療機関を受診せねばなりません。
もう身体がSOSを発している状態だからです。
そして、この段階でも過激なダイエットを止めずに頑張り続けると、次には骨粗鬆症になって骨折しやすくなります。
そして最後には拒食症になって痩せ衰えてしまう場合もあります。
このようなトラブルは、1~2ヵ月の短期間のうちに、月に4~5kg前後のハイペースで減量した人に圧倒的に多く見られます。体調を崩さずに安全に減量を進めるペースは月に1~2kgが目安です。