エネルギー代謝と体脂肪の基本的関係!

私達は、食事で取り込んだ栄養素をエネルギー源にして生命を保ち、様々な活動をしています。
エネルギー源となるのは、糖質・たんぱく質・脂質で、これを三大栄養素といいます。
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-三大栄養素3
三大栄養素によって得られる熱量は「摂取エネルギー」といいます。
生命を維持し、日常の活動や運動を行う上で使われる熱量は「消費エネルギー」といいます。
肥満を考える場合には、この二つのエネルギーのバランスに目を向ける事が大切です
摂取エネルギーは体内で消費されますが、余ると中性脂肪となり、脂肪細胞や肝臓に蓄えられます。
消費エネルギーが多ければ、中性脂肪は溜め込まれるどころか、どんどん分解・燃焼して、活動のためのエネルギーが不足しないように働きます。
また、血液中の糖質が減っても、肝臓や脂肪細胞に蓄えられている中性脂肪が分解され、エネルギー源として活用されます。
反対に消費エネルギーが摂取エネルギーより少なければ、余分なエネルギーは中性脂肪となって脂肪組織に蓄えられ肥満になる訳です。これは、食べ過ぎ飲み過ぎなどで摂取エネルギーが多過ぎると起こります。
また、摂取エネルギーが多くなくても、消費エネルギーが極端に少なければ肥満になる訳です。
S.fuk
★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-banner3