ダイエットに関する情報収集!

「ダイエットに関する情報収集は何ですか」との質問に対して、

①テレビの情報番組 45.0%

②インターネットの美容・健康サイト 22.9%
③美容・健康系の雑誌記事 22.8%
④友人・知人 20.4%
⑤インターネット広告 20.2%
⑥テレビ CM 18.3%
⑦インターネットの口コミサイト 17.2%
⑧雑誌の広告 15%
⑨ドラッグストアの店頭広告 14.6%
と、続きました。
中でもテレビの情報番組が群を抜き、二位以下を二倍以上も引き離しています。
それだけテレビの情報番組は観られている訳ですから、
正しいダイエット情報を伝えなければなりません
数年前に話題になりました『納豆ダイエット』などのように、いい加減なダイエットでは困ります。
あの時は、僕のところにも担当のADが来て監修を頼まれた事がありました。
真面目なダイエットの知識や理論の話なら、喜んで監修致しますが、あれを食べると痩せるとか、
これを食べると痩せるみたいな根拠のないダイエットを薦めるような監修は出来ません。と、
丁重にお断りした事は言うまでもありません。
その話を、ダイエットマスターの監修者〔大野誠教授〕に話しましたら、
大野教授も「僕のところにも来たけど、僕も主旨が違うので断りました。」との事でした。
ダイエットの正論は、①に節食 ②に運動が、基本です。
取って付けたようなダイエットではうまく行きません。
仮に一時的にダイエット出来たとしても、基本が理解出来ていなければ、
あっという間にリバウンドしてしまいます。
『ダイエットは一日にして成らず』です
S.fuk