ホームダイエット産業のちょっとした秘密ダイエットマスターとは世界初のダイエット資格ダイエットマスター5つの強み
危険なリバウンドと
基礎代謝スリムダイエット
ダイエッターにとってもっとも厄介で危険なもの、
それはずばりリバウンドです!
ダイエットをする為には誰でも食事量を減らしたり
運動量を増やしたりして努力します。
要するに
摂取カロリーは【 ? 】
消費カロリーは【 ? 】

と心掛ける訳です。
リバウンドの女
でも殆んどの人は時間が無くて運動量などは増やせませんし、
簡単だからと食事量だけを減らそうと考えます。
それはそれで正解なのですが、
どの程度減食をしたら一番身体に負担をかけず
健康的に痩せる事が出来るのか

それがダイエッター達の共通の悩みです。
そこで倶楽部ダイエットマスターが提唱している
確かなダイエット方法があります。
それが
【基礎代謝スリムダイエット】
なのです。
基礎代謝は既に学びました。
生きる為に最低限、身体に必要なエネルギーです。 スリムダイエット
一般的な男性で【 ? 】 kcal、
一般的な女性で【 ? 】 kcalと言われています。
ではどういう人が一般的な男性であり、女性なのか、
ダイエットマスターでは、このように定義しています。
一般的な男性の場合は、
身長170cm±2~3cm、
体重65㎏±1~2㎏、
年齢35才±10才くらい
一般的な女性の場合は、
身長160cm±2~3cm、
体重52㎏±1~2㎏、
年齢30才±10才くらい。
多少の誤差はあるでしょうが、
大体これくらいが日本人を含めたアジア人としての平均的な男女だと言われています。
この平均的な人達の基礎代謝量が、
男性【 ? 】 kcalくらい
女性【 ? 】 kcalくらい
であるという訳です。
一般的な人たち
今から約20年近く前は、
身長の高低、体重の軽重、年齢差などに関係なく、
男性は1500kcal、
女性は1200kcal
くらいが基礎代謝量の数値であると言われていました。
ところが医療機器や健康器具などの進歩により、
必ずしも一概に
男性1500kcal、女性1200kcalとは言えなくなって来たのです。
基礎代謝量は
年齢差、
身長差、
体重差によって
かなり大きく違う
事が解って来ました。
もちろん基礎代謝量が違えば
【 ? 】 も大きく違って来ますし、
一日の【 ? 】 も大幅に違って来ます。
【基礎代謝スリムダイエット】とは、
どんな人でも、
BMIが
男性22、
女性20
を基本として、それ以上の数字になった場合、
【 ? 】 だけの摂取カロリーで生活しましょう!
というダイエット方法です。
【基礎代謝スリムダイエット】では、
何を食べても結構ですが、
ただし、基礎代謝量の【 ? 】 エネルギーに収めるようにしてください。
BMIが20を超えたら基礎代謝だけ

このダイエットは公的な機関では多く取り入れられています。


身近なところでは
病院の普通食は1500kcalの食事が出されます。

足の骨を折ったり手の骨を折ったりした訳で、
寝ているだけだからそれ(基礎代謝)以上のカロリーは必要ありません!
という理論です。

また日本の方々に展開されている
行刑施設(拘置所や刑務所)
などでは、
全て男性1500kcal、女性1200kcalだけの食事だと聞きます。

国の行刑施設だから、生きる為の基礎代謝カロリーは
与えますよという事でしょう?

病院と牢屋
だから
入院して普通食だけで生活しても、
幾多の有名人が刑期を務められた行刑施設でも、
【 ? 】 kcalで生活している限り、
あっという間に痩せてしまう
という事です。
生活に足らない分は、自分の脂肪を燃焼させ、
【 ? 】 を補っている状態ですから痩せる筈です。
言ってみれば不足分は自分の脂肪を
自分で食べているような状態です。
これで【 ? 】 カロリーで生活している限り
(生活エネルギーが欠けている状態)、
簡単に痩せる事はよく理解出来たと思います。
ところがせっかく痩せても一般食
(男性【 ? 】 kcal、女性【 ? 】 kcalの食事)
に戻したとたん、
飢餓状態(生活エネルギーが欠けていた状態)に喘いでいた身体が激しく吸収を始め、
あっという間にリバウンドしてしまいます。
アップダウン
このリバウンドこそ、人間が持つ優秀なサバイバル能力なのです。

その優秀なサバイバル能力のお陰で、また脂肪が付き始め、
ダイエットに挑戦する前より更に太ってしまう!

リバウンド

だからダイエットマスターでは、
ダイエットは学校で教えるべき!を持論としてやってきました。

しかし学校で教えると、
カロリーの高い太りやすい食品群を国家として批判しているように思われ兼ねない為、
学校で教える事は不可能なのです。

レギュラーコース シニアコース スーパーコース
よくあるご質問 受講生の声  DVD講座申込 資料請求